内実

1月27日の「郡司ペギオ幸夫×保坂和志イベント&オンライン配信」をふたたび聴いた。やはり郡司ペギオ幸夫の「ハレルヤ」についての言及が素晴らし過ぎて、聴いていて思わず泣いてしまう。以下は自分なりに備忘で書き留めたもの(トークの書き起こしではない)に、自分も「ハレルヤ」を再読したうえで、さらに色々と書き加えたもの。

「ハレルヤ」冒頭に出てくるかぐや姫の話について、それが死を暗示する物語だとは誰もが気づくのだろうが、本作の主人公は当初そう思わず、猫の死を何度も看取るという経験を重ねることによってそれに気づく。

かぐや姫という話を主人公はもともと知っていたから、つまり情報は最初から届いていた。しかしその情報に含まれているはずの意味は、主人公に対して遅れて伝わったというか、主人公が自身の経験を通じて、それを経由した自分であることによって、その話の内実を、はじめて受け取った。

(受け取ったというアクションが起きているというよりも、「私」は日々月に手を合わせることを欠かさなかったのだ。花ちゃんが旅立った日は「満月でなかったが新月だから記念すべき夜と感じた。」)

「ハレルヤ」を読み返して、初回に読んだときとは違う、そのときには気付けなかった、そのときの興味や関心からはこぼれた、あるいは忘れてしまったことを、僕もそれではじめて受け取る。これが今の自分にとっての「ハレルヤ」の内実だ。

理念的なものと経験とは分離している。、が、あるときを契機に両立し混合する。過去と現在から未来を想像するとき、その未来とは現在の延長だ。養老孟司は「予定を書き込みたくない、予定表に書いてしまったら、今からその時間までが「現在」になってしまう」と言った。

出来事としての今だけ。それで終わりではない。「その時間のことじゃない!」。人間の世界だけに隠蔽せず、「悲しみを利用する連中」の口車に乗らずに、過去も現在も無く多様にうごめいている様々なものへ想像を巡らす。この現在と未来を、単一な出来事として隠蔽せずに、矛盾しながら両立するものを肯定的にとらえ、変えていくこと。今この場の正か非かではなく、条件式が連鎖することで、現在と未来とで異質なものがつながる。媒介させるものが、出来事から条件へと変わる。

花ちゃんの叫び。それは劇的な出来事だ。しかしそれは一度切りの出来事だけではなくて、時間を経て、解釈が変わっていく。(叫びの意味。Lアス「やる!」が「二カ月じゃない!」そして「その時間のことじゃない!」へ。)

満たされた条件、得られた情報、そのことで次を決めているわけではない。そこには個体を越えた、時空を越えた、今までの猫たち。自分の制御外の、何ものかのうごめきがあって、それによって動かされている。私ではなく、私の指示命令(コマンド)と、私の指示命令の外側にうごめいている何かがそれら全部としての私が、次を決める。

意味はどんどん脱色されていく。最初に想定されていた現在も未来も、すでにない。一週間を倍にしたら二週間ではない。余命二ヶ月とか、残り時間とか、そんなことではない。一日!一日!が繰り返す。それは掛け替えのないひとつの単位で、それがそのまま繰り返す。

エゴン・シーレ

東京都美術館エゴン・シーレ展を観る。約百年前のウィーンがどんな場所だったのか、どんな個人がどんな意識下で生きていた時代だったのだろうか。ウィーンに限らず、過去のことはわからないし、わかると思ってもわかった気になってるだけだ。

作品は時空を飛び越えて何かを届ける力を持つけど、それが描かれた場所やその時が封じ込められた記憶装置でもあるから、作品を観る私は、その作品のなかに絶やされていない情報構成を受け取り、かつそれが当時の風習やしきたりや空気の影響を受けていることを感じ取る。当時の風習やしきたりや空気のリアリティはすでに消失しており、作品がその影響に受け、それを通過したという気配だけを受け取る。

エゴン・シーレはその名をもつ個人であったと同時に、その当時の時空を背に受けて、その影響下に構成された不特定的な存在の一例でもあっただろう。強く個性的なように見えて、じつはまだ自分を決めあぐねている、模索する手探りの感じを強く感じさせる作品群でもあったように思う。

たとえばクリムトはどうか、ココシュカはどうか、ウィーン分離派の人は、ドイツ表現主義の人々はどうかというと、彼らはまだ大人しく美術史におさまっている感じがするのだが、シーレはまだ若かったからかもしれないけど、それらのどれでもなくて、これまでとこれからと現在の自分とのすべてに引っ張られて、わけのわからないまま制作していた人であったかのように思われてならない。

(美術史におさまってない、と云うよりも、その域まで至れてないという感じでもある。もっともその域に至ること=優れていることではないし、逆に大人しく美術史におさまっている感じだとして、それでつまらないと思われる作品も多くある。)

自己防衛/自己顕示的なものに閉じこもるかと思えば、可虐/被虐的でフェティシズム的な欲望を対象にぶつけもするし、そうかと思えば荒涼のなかにかすかな温かみの流れるような風景を描き留めもする。妊婦と死のあからさまな対比に心奪われ、妊娠の予感を全身にまとって大きく足を広げた女性裸像をひどく生っぽい絵の具で描き出しもする。

それまでの規範や師匠やその背景にある制度的なものへの強い信頼(畏れ)があり、しかし拘束や制度から徹底的に逃れたい思いがあり、未知への期待があり、強い不安があり、自分がやろうとしていることが決して間違ってないと確信をもって信じることはまだ出来かねるのだが、それでも描くことのなかに生じる胸の高鳴りと歓びは自身を鼓舞してくれる…、そんな風に、とにかく手当たり次第に、感情の赴くままに、思い込みの行き着くがままに試す、その落ち着かなさがある。作品というよりは、作品になろうとして藻掻いてるまさぐりのような感触がある。

この作品ごとの質のバラつき具合というか、大きな振れ幅というか、作品の出来にばらつきがあると言うよりも、その時々によって作品の組み立て方がまるで別人のように変わる(それまでの成果を次作ではわりと簡単に手放してしまうような)感じで、もしこのまま生きていたら、このあとどんな風に展開していったのだろうかと思う。

(なんとなく個人的に、最晩年の絵はことごとく皆イマイチな気がするのだけど…しかし最晩年といっても二八歳か。)

ションベン・ライダー

録画で相米慎二ションベン・ライダー」(1983年)を観る。中学生、そしてヤクザ、あと教師。映画の中だけ、まるで夢のように、彼らが縦横無尽に動き回っている。しかしこれは映画だから、動き回っているのは登場人物だけではなくて、登場人物たちを捉えている感覚的なもの、彼らの動きを察知するときの、瞬間ごとの視点というか気づきの細かいショックのようなもの全体として、始終うごめいている。

何かが動く、しかしその対象を明確に言いあらわすことができない。無数のうごめきのようにも感じる。しかし動いているのは他ならぬ登場人物のAとBとCだ。それは自明であるが、それだけでは説明にならないのだ。

画面を観ながら、愚かしいことばかり思い浮かべている。中学生ってこうだったか、教師ってこうだったか、ヤクザってこうだったかと。そのような属性に何の意味もない。歴史も時代も関係ない。それはわかっているのだが、とりあえずそのような言葉にすがっていたくなる。もし各属性がこんなだったら、この世がどんなに良いことだろうと思っている。

 

ーーー「悲しみを利用する連中」というのが、この世には存在すると、今読んでいる本に書いてある。

「悲しみや悩みに乗じて権力を築く連中がいる。他人の力が弱まり世界が暗くなるのに乗じて権力を築く連中がいる。連中は、悲しみが喜びを約束するかのように、しかも悲しみが喜びであるかのように振る舞う。連中は、悲しみの礼拝堂、服従と無力の礼拝堂、死の礼拝堂を建立する。連中は、たえず悲しみのシーニュを発しては押し付ける。圧制者と聖職者の非道のカップル、生命の恐ろしき裁き手だ」(『批評と臨床』)

ドゥルーズの哲学」小泉義之 (講談社学術文庫 146頁~)

 

本作の中学生、そしてヤクザ、あと教師は、そのような連中とは関係がない。悲しみとか、悩みとか、他人の力の弱まりとか、世界が暗くなることとか、それらを利用しようとはしない。そのような狡猾さをもたない。そのようなおざなりな場所に自らを定めない。彼らはただ単に、まるで物質のように、ドボンと、水に落ちるだけだ。

解けない問題を解く

微分方程式は解けない。微分方程式が求める解は関数だが、それは決して解くことができない。(解けないとはつまり、微分に対して積分することができないから…ということらしい。)我々は、微分方程式を作り出すことはできる。しかし、微分方程式を解くことはできない。

私たちは、問題を立てても解けない。私たちは、解けない問題を立てることができるが、解くことはできないのである。この場合、どう進むべきか。驚くべきことに、思い迷って足が止まるどころか、何の気なしに事態は進行する。解き難い問題、解けない問題に対して、あたかも解を出したかのように(…)何らかの実践が組織されるのである。

解けない微分方程式に対して、数値解析とか数値積分によって、数値解を出すのである。そのために多くの技法が開発されてきたが、基本的には微分を差分(差異)に置き換える計算技法である。ところが、これだけではいかにも心許ない。真の解が存在するということが分からないと、数値解にどの程度の意味があるのかを判定し難いし、数値解を近似値と呼ぶのもためらわれるからである。数値を計算しても、何をやっているのか自分でも分からなくなるのである。そこで数学的には、かなり厳しい制限条件を課した上で、解けない微分方程式に真の解が一意的に存在することを証明する。これは適切性と安定性の証明と呼ばれていて、本質的には極限の存在証明と同等の証明である。それを受けて、数理科学者は、解けない微分方程式について、コンピュータを駆使して数値解を計算する。解けない微分方程式を、近似値的にではあれ、解いたつもりになれるわけである。

 しかし、そうは問屋がおろさない。事態はそれほど簡単ではないのだ。パラメータが隠している要因を顕在化させて立てられる微分方程式については、真の解が一意的に存在することを証明できないのである。微分方程式が適切で安定であるかも定かでないし、真の解があるかも定かでないのである。にもかかわらず、あるいは、だからこそ、数理科学者は、一心不乱にコンピュータにかじりついて数値解を計算する。当て所なく計算しているどころではない。当て所なくということが、有るのか無いのかさえ分からずに、計算しているのである。皮肉な見方をすれば、数理科学者は、己れが為すところ知らぬままに、コンピュータで遊んでいるだけである。その皮肉は半ば以上は正しいが、それだけでは余りに虚しい。では、どう考えれば良いのか。
 
 数理科学者のコンピュータ遊びの全過程を見直してみる。最初に、解けない微分方程式がある。すなわち、微分的なものが要請されている。最後に、複数の数値解が弾き出されて座標空間にマッピングされる。すなわち、現実的なものが差異化されて分化している。途中では何が起こっているか。数理科学者とコンピュータが一体となって、解けない微分方程式を引き受けて、いくつもの条件を自ら設定して、いくつかの技法を駆使して、膨大な計算を実行している。ドゥルーズの解釈はこうだ。以上の過程の全体が、自然界と生物界においては、自然物と生物に畳み込まれている(…)。だからこそ、数理科学においても、微分的なものはリアルであるし、そこから現実的なものを差異化して分化する過程もリアルなのである。端的に言えば、現に風が吹くから、現に人間が生きているから、リアルなのである。

ドゥルーズの哲学」小泉義之 (講談社学術文庫 56頁~)



すべてを顕在的な部品のみで説明、解釈するこではできない。かならず理念、潜在的な力は必要とされる。そうでなければ「説明がつかない」。いや、説明を付けるという行為そのものの、不可能性でもある。

円周率πは、無限級数極限値として定義される実数であるから、いくら計算しても、πの値は定まらないし、定めることは不可能である。だから、数値を実効的に定められる有理数だけが現実的に存在すると言うとすれば、πについては、現実的に存在するというわけにはいかない。両者の存在性格は本質的に異なるからだ。確かにπは存在するが、イデア的(理念的)に存在する。ここまでは、よい。その上で、理念的で微分的なもののリアリティをどう解釈するかが問われる。(…)

では、微分的なもののリアリティを肯定的に認識するには、どうすればよいのだろうか。πのリアリティをきちんと認識するには、どうすれば良いのだろうか。ドゥルーズの答えはこうだ。自然界と生物界の現実的なものに、微分的なものが潜在するからこそ、それはリアルなのである。では、どうしたらそんなことが言えるのか。ドゥールズの答えはこうだ。微分的なものから、現実的なものが発生するからである。それを示すためには、解けない微分方程式について考える必要がある。(…)

世界は円く納まらない

世界が平面であると想定しよう。そこには扁平で厚みのない生物が棲息している。

 平面上の万物は円で構成されていると想定しよう。平面上のプラナリアは細長い形をしているが、よく見ると多数の円が寄り集まってできているし、平面上の三角形も無数の円が寄り集まってできている。もちろん平面世界でも、万物は生成して消滅する。生成とは多数の円が集合することであり、消滅とは微小な円に分散することであると仮定しよう。

 平面世界には悟性的生物も棲息している。それは知的であるから、自分が円の集合であることも、万物が円の集合であることも知っている。だから悟性的生物は、万物を表す数学的な方程式は、円の方程式x²+y²=r²であると考える。そして、万物を創造する神が存在するとしたら、神は円の方程式に従って世界を創造すると考える。

 クセノフォンによれば、サルに信仰があればサルのような神を信仰するし、スピノザによれば、三角形は神を三角形と信仰するはずである。だから悟性的生物は、神を途方もない円として、いたるところに中心があり、どこにも中心がない途方もない円として想像する。こうして世界は円く納まることになる。
 
 ところがこんな平面世界に、ドゥルーズという名前の理性的生物が登場する。そして円であるとは考えられないものが存在すると言い始める。第一に、世界が円であるはずがない。世界が円であるなら、世界は、万物の一つに成り下がって(成り上がって)しまう。ドゥルーズは、ラッセルという名前の悟性的生物が案出した議論を利用する。世界は万物を含むものである。万物は円である。世界が円なら、世界は万物の中の一つということになる。とすると、世界は万物を含み、かつ、世界は万物の中に含まれることになる。パラドックスだ。ドゥルーズはこう進める。世界はパラドックス的な場である。世界は円であるとも円でないとも言えない。世界は万物とは異なる仕方で存在する。世界は理念的である。第二に、円の離合集散を引き起こす力を、円であるなどと言えるはずがない。力は見ることも聞くこともできないが、確かにある。しかし円としてあるのではない。円に潜在するのである。第三に、円を限りなく分割しても円であるし、円を限りなく延長しても円であるから、世界には、相互に異なる円を限りなく生産する力が潜んでいるはずだ。この力はベクトルを示すという意味で微分的なものである。世界は微分的であると言うことができる。
 
 そしてドゥルーズは、世界を円く納めようとする連中と数学的にも闘おうとする。神の数学として崇拝される円の方程式に、微分という操作を加えるのだ。そして微分方程式(xdx+ydy=0)は、理念的で潜在的なものを表現すると宣伝する。こうして世界は円く納まらなくなる。

ドゥルーズの哲学」小泉義之 (講談社学術文庫 51頁~) 

不成立

微分とは、おそらく1=0.9999…のようなものである。しかし、1=0.9999…、この式は絶対に成立しない。にも関わらず…。

次のいささか奇怪な等式を例にとろう。

0.999…=1

留保抜きで断じておく。この等式は無意味である。0.999に続けて記号「…」を書き加えても、1に等しくなるはずがない。そもそも0.999と1は等しくないし、記号「…」には何の意味も与えられてないから、そんな無意味な記号を挿入したところで、等式が成立するはずがない。念を押すが、こんな等式は絶対に成立しない。

 それでも私たちは、この等式が成り立つと考えることがある。高校では問題なく成り立つかのように教えられて、私たちもそれを鵜呑みにする。ここで問われるべきは、そのとき何を鵜呑みにしているかということである。こう思っているはずだ。0.999に続けて9を書き加えると、それだけ1に近づく。0.999と1の間には差異(1-0.999=0.001)があり、0.9999と1の間には、別の差異(1-0.9999=0.0001)がある。0.9999に続けて9を限りなく書き加えると、限りなく1に近づく。限りなく1との差異を小さくとれるから、等式は成り立つ。つまり記号「…」は、限りがないということ(可能的無限、無際限)を表すから、等式は成り立つ。

 この思い込みは間違えている。第一に、限りがないということは、終わりがないということだから、いかに多くの9を書き連ねても、さらに続けて9を書き加えられるということである。したがって、いかに小さくとも差異は消えないし、いかにしても等式は成り立たない。第二に、「近づく」という運動論的な概念が曖昧である。それを明確に定義するためには、距離(位相)を明確に定めなければならない。そのためには極限や微分や連続体を明確に定めなければならない。振り出しに戻るのだ。だから、この段階で運動論的な概念で納得しても、何も分かったことにはならない。結局のところ、9を限りなく書き連ねれば1に近付くと思うときには、密かに数直線を想像して、等号「=」を矢印「→」に置き換えて分かったつもりになっているだけである。9をいくら書いても1にはならないという直観を手放してはならない。

ドゥルーズの哲学」小泉義之 (講談社学術文庫 44頁) 

とはいえ、なにしろこの等式が成立するためには、「無意味な式に意味を賦与しようとするのだから、途轍もなく無意味な捏造が、デッチ上げの嫌疑を捻り切る捏造が必要である。」

微分=デッチ上げであり、捏造であるのだが、そうと切り捨てていいわけでもないというか、ドゥルーズはそうは言ってない、ということでさらに続く…。

微分

y=x2乗のグラフ(放物線)に対して、Xの変化にかかる時間あたりのyの移動距離を計算するとき、掛かった時間をかぎりなく0に近づけたときの値(瞬間の変化率)が微分である。そのとき、座標や曲線は実在し、目に見えるが、変化(ベクトル)はそうではない。微分とはすなわち目に見えないものであり、理念であり、潜在性である。

座標平面上の線が、見えるものであり、現実的なものである。接線にしても、座標平面上に見えるものとして図示できるから(…)、すなわち、座標平面上に顕在化可能なものであるから、現実化可能なものである。ところが、ベクトルを座標平面上に図示することはできないのである。ベクトルは、接点がどの方向へ向かうかという動向を表現するから、座標平面上では見えないものである。矢印表示は、見えないものを見えるようにするための苦肉の策でしかない(…)。したがって、ベクトルは、座標平面上の線として、見えるものではないという意味で、現実的ではなく理念的である。また、座標平面上に顕在化可能なものではないという意味で、顕在的ではなく潜在的である。ベクトルは、理念的で潜在的なのである。

 そして微分とは、特定のベクトルとしてではなく、無数のベクトルとして定義されるものである。とすれば微分は、理念的で潜在的なベクトル場として定義されるということになる(…)。かくて、微分的なものは、理念的で潜在的である。見えないものである。思考するしかないものである。

ドゥルーズの哲学」小泉義之 (講談社学術文庫 42頁)